ニューヨーク その3

松岡美恵子の目で見たハワイそして作品など、初めてのニューヨーク旅行

メトロポリタンミュージアム。ここはすごかったです。もしもニューヨークに行くのだとしたら、ぜひ行ってみる事をお勧めします。有名な巨匠の作品ばかりが生き生きと語りかけてきます。その迫力たるや、言葉では言い尽くせません。ただ言えるのは、この作品を描いた人たちって命をかけて描いていたのではないかと言う事です。ただの平面の絵画なのに、生きているみたいなのです。

マヤ文明の金の装飾も、純度の高い金で出来た生き生きとした美しい装飾でした。エジプト文明のコーナーは何か墓荒らしの雰囲気を漂わせていて、素通り。でも多すぎて素通りも出来ず、横目で見ながら通過。屋上には竹のオブジェ。ここも見たかったもののひとつですが、無駄な線も多い気がしてちょっとがっかり。でも見たという事で納得。

とにかく、集めに集めたり、ものすごい数の美術品。
根性で約1日で見てまわり、疲れて帰りました。

2010.11.6. 松岡美恵子


ニューヨークのセントラルパークメトロポリタンミュージアムは、セントラルパーク(左写真)内にあります。
地下鉄の4、5、6に乗り、86St駅下車、セントラルパーク(西400m)へ、セントラルパーク沿いに南へ200mです。

松岡広樹がニューヨークで撮影した作品を十八光堂サイトの写真作品ページで掲載しています。
ohakodo.net

松岡広樹


このページにメールでコメントをお願いします。

ハワイの写真作品yobehirロゴ

Copyright (C) 2005 yobehir,MATSUOKA Hiroki. All rights reserved.