子どもの時の風景

松岡美恵子の目で見たハワイそして作品など

凍り付きそうな冬の新月の頃。真っ暗な夜の闇の中、冷えきった乾燥した空気の時の満天の星空。自分の手も見えないぐらいの暗闇の中でバランス感覚を保ちながら空を見上げていると、チリチリというような星の音が聞こえます。

谷を渡る風、私が家の裏山を眺めていると決まって風が吹いて木を揺らし、木の葉は裏返って白っぽくなり、その風が私の周りにもやってきます。

雨上がりの緑の山。雨が上がった印に山の木々からモヤが立ち上り濃い緑に変化をつけていきます。

空気の綺麗な空から降り注ぐ太陽。どうやっていたのか覚えていませんが、太陽の作ってくれる虹の光のリボンを好きなように結んで遊んでいました。

私はこういう環境で育ってきたので、密度の濃い真正面から回り込んでくる風を受けると安心します。


このページにメールでコメントをお願いします。

ハワイの写真作品yobehirロゴ

Copyright (C) 2005 yobehir,MATSUOKA Hiroki. All rights reserved.