うたかた
水のある風景。
浮いては消え、また現れる。波の間からのぞいているのは浮かんでは消えていく、そしてまた浮かんでくる思考のような風景。
つかんだと思っても即座に形を変え、手からするりと離れたと思ってもまた現れる。そうした瞬間。次への変化へのエネルギーを波の間におさめ、永遠に絶えることなく変化し続ける。そういう可能性を秘めている静かな風景。
静かだからこそ変化の可能性を無限に秘めている。無限の変化、そうした水の姿の一瞬をうつしています。
とじるボタン 作品a tout prix 作品を見る
YoBeロゴ HiRロゴ
Copyright (C) 2005 yobehir,MATSUOKA Hiroki. All rights reserved.