25年

松岡美恵子のつれづれ

25年と一言でいえば簡単ですが、よく考えれば1/4世紀。ちょっとした歴史です。この前私は勤続25年の表彰状をいただきました。もともとそんなに長く同じ仕事を続けるという気持ちは薄かったはずなのですが、しんどい時にはやめたくないし、楽しい時には仕事も好きになるという繰り返しでたどり着いてしまいました。

そして、最近まで思っていなかったのに「もう年だから」と言葉で言う事が時々ありました。でも、これについては反省しました。何年生きるかわからないのが大前提なのに、自分で制限を設けると自分からこじんまりとその中に納まり一般的な時間の中に取り込まれていくのです。

もともと時間は一定のスピードでは流れていないと私は思っています。そう考えないと納得できない経験の積み重ねでそう考える事にしました。それなのに制限を自分で作ると、そこに簡単に入る自分が存在するのは最近知りました。

自分で制限を作って入っていると「できない」と言える理由も出来て楽なのですが、なにか大切なものと引き換えているような気がするので、この楽な制限の道を歩まないようにします。


このページにメールでコメントをお願いします。

ハワイの写真作品yobehirロゴ

Copyright (C) 2005 yobehir,MATSUOKA Hiroki. All rights reserved.